大日本帝国陸軍 戦車兵

戦車兵1

時代の寵児 戦車兵

階級は大尉。元歩兵(戦車隊は歩兵の支援部隊だった為)。歩兵から独立後は騎兵と統合。 陸軍軍団のボスであり、大日本帝国陸軍の象徴である陸さんには憧れと絶大な信頼を寄せる。

兵種としての戦車兵は頭がよく(戦車の修理もできなくちゃいけない)エリート。戦車は数人で動かすためチームワークを必要とし仲間を大事にする。そして戦車愛がとんでもない。そんな感じなので陰湿さはなく、戦車兵自身は海軍をそれ程敵視してない(というか興味がない)。

飄々とした性格で物怖じしない

陸軍軍団の中では若い。飄々とした性格で明るく物怖じしないので先輩達には割と可愛がられている。 元歩兵なので歩兵さんにはあまり頭が上がらないけど、言いたい事ははっきりいうタイプ。

一人称は俺。
しゃべり方は○○っすっていう感じなんだけど、相手を呼ぶときは基本さん付けで丁寧に(陸軍は上官を呼ぶ際には殿(例:大佐殿)をつけなくちゃいけないようなので、丁寧に呼ぶのがしみついている)。

九八式と昭五式

軍服はメインビジュアルとしては「九八式」。その他つなぎの作業衣(第二種作業衣)を着ることも多い。(今後モデルにも実装していきたい所)

装備は十四年式拳銃用ホルスターを身に着けている。斜めに巻いてある紐は拳銃用の吊り紐(ランヤード)。 モデルでは「九八式」以前の「昭五式」にも変更可能。また戦車帽から軍帽や乗馬ズボンにも。

戦車兵2

現代

現代では陸上自衛隊機甲科所属で戦車乗り。一方で防衛省 技術研究本部にも席を置く。階級は1尉(1等陸尉)。

また現代の象徴である陸自に関しては、基本的に先輩風を吹かす。自然なので陰湿ではない(が、それゆえに逆にたちが悪い場合もあるw)。 戦車兵的には陸さんを継ぐ男!を自認しているので、陸自に対しては若干複雑な思いはあるけど、戦後1番早く現場に復帰したのは戦車兵なので、陸を守る存在として力を尽くす。 また、陸自の花形といえば戦車なので「時代の寵児」感は抜けず、ドヤる事が多い。

基本的に多忙な生活を送っているが、時間が空くとプラモを作ってみたり、ドライブやツーリングを楽しむ。料理もそれなりにできるけど、食えればいいっていう状態も多いので、見た目に問題がある時も。とりあえず全体的に生活力はある。

<料理の一例>
『戦車兵パスタ』…お皿にレトルトのパスタソースを入れてレンジでチン。その上にゆでたパスタをのせてできあがり!!陸さんが家に来た時にふるまう事もある。

戦車「陸さ~ん!昼飯できたっすよ~」
陸「しろいな…というか麺しかないな」
戦車「違うっすよ。下にソースが入ってるんす。だからこー混ぜて食べるんす。」