RKK的ケイドロ

自衛隊ズも居るけれど昔の名前で

はじまるよ!

警察側:憲兵 陸
泥棒側:その他

オープニングは憲兵のみ
一定時間が経過したら陸投入

開始早々、海と大佐は捕まる。(海は仁王立ち、大佐は椅子から動かない)
逃げる気も無いが囚人も嫌なので捕獲後は牢屋の看守に


水兵兄捕まる

憲兵「捕まえた
水兵兄「ひぃぃぃ!!!気配がしなかったよぉ!!!!」
憲兵「ご同行を
水兵兄「その言い方ぁぁぁぁ」


不甲斐ない

割と順当に海勢が捕獲されていく

海「不甲斐ないな」
大佐「もう少しちゃんと逃げなさい」

海勢「(そっくりそのまま返したい)」


神兵さん待って

空自「神兵さんについて行ったら逃げられる気がする!」

数十分後…

空自「ぜぇ…ちょっ…神兵さんまっ…ぜぇ…」

空自「しんぺーさぁーっ!」
憲兵「捕まえた

空自「oh…ポリス…」


うるさいです

空自「あれ?海自も捕まったの?」
海自「途中陸自と離れちまってよー」

空自「りーくじー!!助けに来て〜!!!」
海自「陸自ー!!お前がさっさと行くから捕まったじゃねーかー!!助けに来いー!!」

大佐「黙れ囚人」


包帯所

海「しかし陸の奴らはなかなか捕まらんな」
衛生「皆さんホームグラウンドですから」
大佐「あれ?あなたは参加しないんですか?」
衛生「僕は陸様の追撃に備えて包帯所を設置してるんです」

囚人達「ザワッ(怪我人でるの!?)


全軍残らず

そして…

海「陸、時間だ」

「撃たれて逃げゆく八方の…」

衛生「陸たまー!」

「敵を追い伏せ追い散らし…」

大佐「さぁ!掃討戦です」

「全軍残らずうち破る…」

ズォォォォォォ

「騎兵の任の重ければ」

囚人達「(なんか怖ぇぇぇ!!)」


次週!

ということで、追撃のプロにして逃げ回ってる兵科にも憲兵にもなれるチート投入で、形勢は一気に警察側に!泥棒側はどこまで粘るのか!陸自はその中助けに行けるのか!! 次週!

『逃げるのだけで精一杯』
『無理だな、無理っすね』
『挺進と陸』
『友情か?捕獲か?』

の四本でお送りしまぁす!



RKK的ケイドロを風林火山で

rkk的ケイドロを風林火山で