大日本帝国海軍(第一種軍装)

海1

海軍を象徴する男

呼び名は海(うみ)。階級は大佐。大日本帝国海軍第一種軍装を着用。

頭脳明晰。基本サイレントネイビーってことで口数少なめ。海軍に誇りをもつ。体格は非常にガッチリしており、「陸!海!空!」でもガタイの良さはトップクラス。

性格的は昔ながらの日本男児的な所がある。
基本的に仕事人間で、たまに突っ走る。その突っ走り方に他が迷惑する事もあるが、わが道を行くタイプなので悪びれる事はほとんどない。

激動の幼少時代

海軍の象徴として本格的に歩みだしたのは、幕末、幕府が開設した長崎伝習所に通う事からはじまる。
その後江戸の海軍施設に移る等、同じ海軍の象徴である大佐と違い、主に日本に居て幕末の動乱にその身を置く事になった。
大佐が海外に居る為、当時国内における海戦には海が随行する事になり、いち早く戦場を知る。(当時は知識の大佐、実戦の海といった所)


海軍の象徴として

明治維新後は海軍兵学寮(後の兵学校、当時は築地にあった)に入寮するが、すぐにイギリスへ留学。その後アメリカに移り、帰国後は海軍の戦力・組織拡充にまい進する。
その身が海軍の象徴という事もあり、中枢である海軍省及び軍令部に居る事が多いが、各艦の連合艦隊司令部や各鎮守府、その他海軍施設、海外(南方にも)に赴く事も多々。多忙な日々を送る。 また戦役において、有名な勝ち戦である「日本海海戦」、昭和では「真珠湾攻撃」に参加。勿論これ以外にも沢山の海戦に参加しており、海軍の歴史をその身に刻んできた。


もう一人の象徴

海軍には大佐という同格の象徴がもう一人いる。幼少時代は陸を含め仲がいい部分もあったが、成長と共にライバル心みたいなものがお互い芽生える。『海軍の象徴』、その存在意義という点でお互い引かず、また考え方の違いもあり、あまり関係がいいとはいえない。そもそも性格的に合わない部分もあるので正直言うと苦手。ただ海軍に対する思いはお互い認めており、組織の結束を考え協力はする。まぁでも内心では「やっぱり自分こそが海軍の象徴」だと思っている(お互いに)。


陸軍こと陸との関係

大日本帝国陸軍の象徴である陸とは、色んな経緯というか歴史があるので、一概に語りつくせないが、大きくは仲良し→険悪→歩み寄り、みたいな流れがある。 およそ小さい頃は、非常に仲が良かったが、大きくなるにつれ、お互いの組織を背景に関係が微妙になってくる

それでも陸海軍の首脳同士に繋がりがある時代は、二人も心の底で相手を信じ、信頼し、日露戦争のように大きな成果を残す事もできていた。
しかし時が経つにつれ、陸海軍の間で大きな溝ができるようになると関係が悪化。二人の間で険悪な緊張感が生まれ、衝突が増える。時には殴り合いに発展する事もあった。
ただ、日本軍という大きな枠組みの中、年がら年中あらゆる部分で仲違いするわけにもいかず、協力しなくちゃいけない所は一応協力していた。

※ 組織発足当時は海陸軍と表記されていたように、海軍の方が重視されていた。しかしその後陸軍が大きな力を持つようになり表記も陸海軍へと変わっていく。海としては「海主陸従」であるべきと考えており、「陸主海従」の状態を覆そうとする。努力の末同地位に辿りつくが、規模の違いで海は何かと苦い思いをしていた。そういう意味では、海軍の方が陸軍に対して意地をはっていた所がみうけられる。


第一種軍装

メインビジュアルとして大日本帝国海軍・第一種軍装を着用。(勿論夏は夏用を着用)あと飾緒をつけたりする事もある。その他礼装等も。

海軍2

戦後そして現代

戦後は旧海軍復活を目指す。最終的に海自発足という結果となる。

現代では防衛省「統合幕僚監部」で勤務。階級は海将補(旧軍における少将、大佐の一個上)。階級は高いけど(人とはまた別の存在でもあるので)隣の席の陸と馬車馬のように働いている。ちなみに現在の二人の関係は概ね良好。というか、過去に痛い目を見てるので、猛省の末お互い再び歩み寄っている。

家は伝統的な日本家屋。(海談:落ち着くので)
この家は幕末、陸が先に住んでいた事にはじまるが、立地上海軍施設が近い事もあり、海の家となる。その後時代が変わり移築した。(日本の伝統工法である「木組み」で作られている為、移築や修繕が容易で長く住む事ができる。国が管理し続けているだけあって非常にしっかりした家である。都内某所から都内某所へ移築)

料理は海軍時代から至れり尽くせりの食事環境だっただけに、「しない・出来ない・する気がない」。現代でももっぱら外食である。 ただマグロを捕るのが「男のロマンだ!」を豪語しているのでマグロを捕ったら家でマグロ三昧パーティーが行われる。(料理するのは陸及び(居れば)陸軍軍団。その他水兵兄弟と海自によるカレーが付いてくる。)

車の運転に関してはできるが、少々危ない(海軍大佐、さらに象徴なので、ずっと送迎つきだった為)。現代でも任務によっては送迎が付くが、隣の席に日本一安全なドライバーがいるので結構利用している。

※海軍・海自の食事はおいしいと有名ですが、これは料理を作る専門の人がいるので。残念ながら「陸!海!空!」の海軍勢にはそういうキャラがいないので、だいたい陸かカレー。