ぬるい追加設定 【ざっくり雰囲気編】

先日海自論を展開し、海勢の雰囲気の補足になったかなと思ったのですが、諸々お話するにあたり、もっと世界観の雰囲気をざっくりお話した方がいいような気がして、【ざっくり雰囲気編】としてキャラの考えや作品の雰囲気を書くことにしました。
ただ、正直全てを書ききれないので、まだまだ一部だという事、また私個人の意見・考えである事をご了承いただければと思います。

階級やポジションによる意識の違い

キャラクターそれぞれ、自分の置かれた立場によって基本的に考え方が違います。

一番階級が低い水兵は現場の仲間を思って人の命というものを意識します。
しかし、陸、海、大佐は作戦の遂行・成功に重きを置いており、人命という点では基本的に非常にシビアです。

その中間における階級・佐官・尉官等でもそのポジションに応じて任務や責任があり、考え方も違います。

例えば大尉である戦車兵は一部隊の長であり、直接命令して動く部下がいます。
手足の如く動く部下に対しての愛情はありますが、一方で与えられた任務を遂行しなくてはいけない立場でもあります。

上の立場に行けば行くほど兵士達を、言うなれば駒として考えるようになってしまう傾向にあると思います。

また、そもそも皆軍人であり戦えば人命を失うという事は元から認識しているわけです。

駒としても

しかしそれでも上の者が考える駒では下の者は正直反発する気持ちもあります。
駒であれば、どんなひどい事でも許されるとは思いたくありません。
そこの反発・下の者の気持ちという事で、水兵による海自育成というエピソードを本作品で盛り込んでいます。

大戦末期の特攻作戦もそうですが、一兵士の立場から同じ目線でそれらを見てきた水兵兄弟にとってはこのような悲劇はできれば繰り返して欲しくないという強い想いがあります。
作戦上、駒として考えられても致し方ないという思いもありますが、そこに自分達をはじめ兵士の事を少しでもいいから考えて欲しいという切実な気持ちがあります。

海・大佐は、すでに長い間上のポジションにおり、また終戦時、海軍の上層部が罰せられる事がほとんどなかったので、もはやその意識というのは大きくは変更はできません。水兵兄弟はそこを理解しているので、新たに誕生した海自に自分達の切実な気持ちを託しています。

軍による違い

上記は階級やポジションによる違いでしたが、軍による違いもあります。

陸軍の場合上と下の者が同じ釜の飯を食べる事は多々あります。本作品の将校達は前線にいる事も多く、兵達と同じ状況に陥る事もあったので、海軍将校と考えは若干違う部分があるかと思います。

ただ陸さんに関してはその気持ちもありつつも、やはり軍の全体の戦略、さらに元々の陸軍の規模の大きさ、政治、軍閥等色んな事が絡み、それら全てを背負っているので、また別格の苦労と考え方が存在しています。本作品の中でも飛びぬけて苦難が多いキャラです。 親友である歩兵をはじめ、陸軍団が協力し、寄り添う事はできますが、軍の象徴としての痛みや苦労をある程度理解できるのは同じ存在の海と大佐だけかもしれません。

そういう意味でも、本作品は基本的に陸さん筆頭に海軍の二人の大きな物語になると思います。

自衛隊について

自衛隊については、旧陸海軍の規模で考えられがちですが全く違います。
旧陸海軍の規模、ポジションは全く別格です。徴兵制による大軍勢、更に戦時中においては国家総動員法もあり国、国民に与える影響は非常に大きいものでした。それこそ現役陸海軍人が首相にまでなれる時代です。更に満州国での陸軍の大きな影響力も今の価値観では考えられない状態です。

自衛隊は全て志願であり人員数は精鋭とはいわれますが、旧軍に比べれば圧倒的に少ないです。また専守防衛という事、そして日米同盟という新たな絆を見込んだ部分でも旧軍とは全く異なります。

風習や習慣を受け継ぐ部分があったとしても、やはりそこには大きな違いがあると私は考えていて、旧軍勢からは認める部分もありますが、まだまだ甘いと考えている部分も多々あります。

ひとまず

色々とだーーーーっと書きましたが、基本的に作品として割とシビアだと思っていただけるとありがたいかもですw 意識は現実路線といいますかwギャグばっかやってますけどね…あははw

たまに?ミリタリー好きと誤解されるのですがw単純に扱っている作品と時代がミリタリーに関連しているだけであって、私的には歴史的な事象等を追っている方がメインです。

本作品の根底には現実路線・史実的・またシビアな部分、暗い部分があります。
またこれから作品をつくる上であからさまにそのような表現をする場合も出てきます。

ですが、そういうのを全てひっくるめても私の作品に対する思いと希望は「平和」という事だけは覚えていただきたいなぁと思います。

なんだか真面目になっちゃいましたが!りっくんはマカロンのお兄さんだけじゃないんだよ!っていうね!でも真面目な事だけやっててもアレなんで、ギャグや帝幼、MMDで遊んだりと積極的に自分の作ったキャラや世界観を楽しんでいこうと思います!(ので皆さんもあまり真面目に考えて落ち込まないように…w)