ぬるい追加設定 【海自編】

キャラクター設定で陸自と陸さんの関係が切ない!というお言葉を頂いたりしたので、現代組と旧軍との関係性についてちょっとしゃちの考えと作品の方向性を書いてみようかと思います。 今後のストーリー展開で表現できればいいのですが、現在はまだまだモデル制作中心の作業ですので、先に設定という事で出しておきます。

で、陸自やるなら海自も!という思いで先に海自ではじめたら割りと長くなってしまったので、陸自はまた今度。また書かれている事はあくまでしゃちの考えです(大事な事なので二度目)。何かを冒涜したいわけではなく、最終的にいい未来になったらいいなという希望を込めて書いています。あと今現在の考えなので、後々微妙に変わったらゴメンネ☆


「伝統の継承」

海上自衛隊は、組織的に「伝統の継承」をうたっています。
その点について、本作品に反映させる事を考えると、伝統という意味では海と大佐が健在している事に大きく影響していると思います。
そもそも海軍自体は戦争指導責任をほぼ回避しているので、海自発足にあたって組織が非常に海軍的であるという所があります。

日本海軍の栄光と闇

日本海軍は数々の素晴らしい艦艇、非常に訓練された精鋭、人々の苦労と努力によって当時世界3位の規模を持つ軍隊でした。そこに誇りを持つということは当然だと思います。

しかし一方で、日本海軍は非常に名誉心や組織保持の意識が強く、それは時に国家の利益を損なう程でした。シーレーン確保の意識の低さ、戦況の偽り、失敗の隠蔽、極端な階級社会等、あげればきりがないです。

海軍を考える上で私は非常にざっくりですが、上層部と現場を分けて考えています。 実際に戦場に出た方々は死力を尽くし、たくさんの犠牲を出しました。 また、現場の一般の将兵達は一部終戦時に処罰を受けています。

しかし、先にも書いたように上層部(主に軍令部)は戦争指導責任を回避しているのです。(戦争指導責任(A級戦犯)を陸軍に押し付け、戦争犯罪(BC級戦犯)については現場におしつけている)

※軍令部→海軍の作戦・指揮を統括する場所

※A級戦犯→「平和に対する罪」侵略戦争の計画・開始・遂行など
      国家的な規模っていう感じ
※BC級戦犯→「戦時国際法に規定された戦争犯罪」と「人道に対する罪」
      主に一般将兵、捕虜に対する扱いとかそういう現場での罪

      

そんな上層部をひっくるめた海軍がそのまま発足に関わっているわけですから、組織的には早く強固になれる利点はありますが、それゆえ悪い部分もそのまま残る事になります。

追加設定2

水兵兄弟の想い

水兵兄弟が一時期海自を育てたのは、海上自衛隊という組織がそのまま悪い部分もひっくるめた海軍にならないようにという願いが込められています。

水兵兄弟は一番現場を知る存在で、上層部の理不尽さ非情さというのをたくさん見てきています。 だから将来の上層部である海自に同じようになって欲しくないわけです。 (勿論海上自衛隊全ての象徴ですから、完全に上層部イコールにはなりませんけども)

なので、水兵兄弟は海自が成長した後も公私共に海自と一緒にいる事が多く、そこには階級社会の垣根を緩和するようなニュアンスと、海自が道を外さないよう、遠くに行かないように切実なまでの希望と気持ちで接しています。(ぱっと見タカっているように見える時もありますがw)

ただここで、それでは海と大佐が全て悪かといえば、そうではないんです。 海軍すべての存在の象徴なので、こちらも上層部の意向イコール全て二人の意向ではないんですが、当時居たポジション的には上層部ですし、その後の戦争指導という意味での大きな責任は取っていないわけですから、先の戦争について反省はしてはいるけれども、完全にクリーンにはなりきれておらず、根底では過去の習慣を踏襲してしまう部分も出てくると思います。心中では誇るべき海軍という意識はずっと残っているわけです。

そういうわけで海と大佐は海軍という基礎がありつつ海自になっているわけですから、一番はじめにも書きましたが、「伝統の継承」という言葉の部分が海と大佐の存在による所が大きいという事になります。

追加設定3

海自の心境と現在の状況

では、当の海自はどういう心境でどういう状況なのかというと、勿論旧帝国海軍を尊敬し、その栄光や誇りを受け継ぐという気持ちはありますが、海自自体が旧帝国海軍になりたいわけじゃありません。

海や大佐に対して盲信しそのまま踏襲するのではなく、誇らしい伝統を継承しつつも変えていきたい部分は自らの手で変えていきたいと思っています。

また海軍時代とは役割も変わってきているわけですから、そこは海自がよく言っていますがまさに「俺の時代」という所に集約されるわけです。

海自は所属的にも「自衛艦隊」という旧日本海軍の連合艦隊に相当する、海上自衛隊の主戦力である実戦部門を統括する所にいます。

ですので、そういう意味でもやはり現場に近い感覚と指導的立場を上手く両立させる為に、職務的には必要とあれば海や大佐に指導を仰ぎ、同時に水兵兄弟による本当の現場感覚を感じる状況にいます。

とまあ!そんなこんなで「陸!海!空!」の海勢の、海上自衛隊時の構図はこんな感じになります。

『海と大佐による海軍の伝統、組織の基盤、海軍力(時々ダーク)、そして水兵兄弟による海軍時代からの現場の誇り、海自の新しい風。』

追加設定2

【おわりに】

以上の説明で少しでも何か伝わればいいなぁと思います。 まぁ簡単な話、海自は単純に帝国海軍ばんざ~い!なキャラじゃないって事です。そんなキャラなら正直そのまま大佐が海自の名前に変わればいいだけの話になっちゃいますからねw 海自として産まれたからには、伝統を重んじつつも自分の足で考え、行動していける、強くてかっこいい男を目指して欲しいのです! ただ海や大佐に頭が上がらない事も多かもしれませんけどw。(どっちかというと大佐からの指導が多めw海は統幕だしサイレントネイビーだし)

てか!!最後に微妙に海と大佐が悪いみたいなニュアンスが出まくっている気もしますが、単純にそうじゃないんです!! と一応擁護しておきます。 今と昔では時代が違いますし、悪い部分もありますが、全ての事案が二人のそのままの意向という事にもなりません。 (人の考えも色々だし、それこそ二人の考えも相違ありますし。) ただ意向ではないけれど、反対が出来る状況でもないので、そこには大きな葛藤と共に遂行する時もあったという事を書いておきます。 あと現代では一応反省しているので、見直す所は努力してますよ!でもどうしても直らない部分ってあるよね!っていう感じ。 この辺はまたいずれ!