大日本帝国海軍 航空兵

航空1

海軍のエースパイロット

階級は少佐。呼び名は「航空」(こうくう)。
海軍機であればなんでも乗れるけど、よく乗っているのは零戦をはじめとする戦闘機。(零戦に乗せてしまうことが多い。やっぱり零戦は陸海軍通じて1番生産された戦闘機であるし、零戦のエースパイロットでかっこいいじゃない!※余談ですが外見に関してあるエースからインスピレーションが沸きました☆)
象徴なので特に決まった部隊に所属しているわけではない。

海軍の航空部隊として

初飛行こそ陸軍に遅れをとるが、英国を模範とし独自の発展を遂げる。 海軍は元々仮想敵国をアメリカとしており、そのまま太平洋戦争に突入。 緒戦は零戦や熟練搭乗員の驚異的な身体能力で活躍し、一時、空の覇者となる。戦術的にも空母群からの攻撃や、地上基地からの艦隊攻撃等、画期的ではあったけど、その後米軍の圧倒的な質量を前にその力を消耗していくことになる。しかし最後まで死力を尽くし、その気概は海軍随一かもしれない。 末期の本土防空では陸軍の指揮下に入ることもあった。(本土防空は陸軍の管轄である為)

飛行服

モデルは大戦時のもの。 身に着けている服は夏用のつなぎ・飛行帽と共に初期型。緑の紐はパラシュートをつける縛帯(ばくたい)で、型は97式。洋上飛行が多いため救命胴衣を着けている。

航空2

現代

戦後は陸軍航空兵と共に空自発展に寄与する。 現在は航空自衛官。階級は飛行と同じく3佐(旧軍の少佐)。

所属は飛行と同じく「飛行教導群」。日々戦闘機による戦技の調査・研究を行い、また教導訓練を行っている。
飛行と共に全国の戦闘機基地を巡り研究成果を伝授、訓練参加部隊の戦技能力向上に努めている。

一人称は俺。
性格は飄々としていて、いつも余裕がある態度。黙ろうがしゃべろうが女性が寄ってくるモテ男である。扱いもうまいのでなお更。当然当人もモテている自覚あり。地上にいる時は女性と一緒にいる姿をよく目撃される。一方飛行の方は真面目なのでそれを見ると「ハレンチだ!」と非難するが、そんなのは鼻で笑う。(飛行も一応はモテ男。だが無自覚。) ちょっとチャラいように見えるが、任務となればキリッと表情が変わり(またそれがキャー☆っとする所)、空のエースとなる。またチャラい(2度目)ように見えるが、任務に対する情熱は半端なく、非常に献身的。 空自については若干陸軍航空部隊の影響を多く受けているが、日本の防空を第一に考え率先して海軍からその身を投じる。